なにかを変えてみたいと思う今日このごろ・・・

バティのいろいろ日記



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


電話してみた2

では、おおまかなやり取り

「まず、匿名じゃ信頼性がないと思うんでこちらの情報出しましょうか?」
「いえ、大丈夫です。きちんとご意見としてうかがいます」

「あれはブログ、公の場で発言するようなことじゃないですよね?」 
「本人に不適切な発言があったことを注意をし、反省して削除しました」
「反省してるなら削除の前に謝罪では?それは勧めないんですか?」
「ええ、、、准教授個人のことですので・・・」
「青山学院大学の准教授って言ってる以上ただの個人じゃないでしょ?」
「ええ、、、まあ、、、仰る通りです」

「本人はまさかこんなことになるとは思っていなかったようで、、、」
「え?芸能人のブログが年中炎上してるのを知らないんですか?」
「つい先日、倖田來未さんもブログじゃないけど大騒ぎになったでしょ?」
「私には過激な言葉を使って注目を集めようとしていると思えるんですが?」

「うーーん、、、そう仰られれば確かに、、、」

「私達一般の人ですらできるだけ言葉に注意して書いてるんですよ」
「それを教育する立場の人間が好き放題は問題でしょ!」

「仰る通りです、、、」

「死刑になったら幸せに浸るって、失礼すぎませんか?!!」
「妻と子供が亡くなって幸せに浸れるわけないでしょ?」

「私、個人の意見を言わせて頂ければ、、、ならないと思います」

「最後に大学側はこれからの対策はなにか考えているんでしょうか?」
「いまのところはなにも、、、」
「ということは職員のこういった問題発言が出てくる可能性がある?」
「いえ、、、個人の意見としての、、、」
「さっきも申し上げましたが青学を謳って書いてたら個人じゃないでしょ?」
「そういうブログは大学側でチェックするべきじゃないんですか?」
「仰る通りで、、、頂いたご意見として学長、副学長に伝えます」
「ぜひともよろしくお伝えください。」
「はい、そうさせていただきます。」

まあ、広報のお姉さんと話しただけですからね、単なるクレームってところ
なんでしょうが、一応上に伝えてくれるってんでよかった、、、のかな。
とりあえず、広報のお姉さんは一生懸命さが伝わってきました。

俺は2ちゃんねらーでもなければクレーマーでもないんで、こういった
クレーム、抗議の電話ってのは初めての体験でちょっと緊張しました。
どうなんだろ?うまく伝わってくれればいいけど。。。

なんだかね、結果的には祭りに参加しちゃった、みたいになったけど
自分の意見をしっかりと伝えられたことは良かったとは思います。
  1. その他の話題
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]
スポンサーサイト


電話してみた1

ええっと、、、電話してみました。。。って、いきなりなに?どこへ???

青山学院大学へ!

ひとつ前の記事はですね、まあ普段からの自分の考えと、実際に判決が
出た時の感想というか、そんな感じなんですが、、、
あんまりブログのような公の場で書くようなことじゃないのかな~なんて
思ってたんですぐには書かなかったんだけど、昨日から青山学院大学の
准教授のブログが話題になっていて、それで書いてみました。
まあ、准教授の意見に対する俺の答えっぽいところもあります。

それでですね、俺がこの准教授の意見でどうしても納得いかなかったのは
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
J-CASTニュースより引用
「いずれにしても、元少年が殺されれば、報復が果せた遺族はさっぱり
幸せな思いに浸るに違いない。自分の血を吸った蚊をパチンとたたき
殺したときみたいにね。それだけは喜んであげたい」
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

幸せな思いに浸るってなによ?いやね、ほんの少しの達成感や使命を果たせた
安堵感っていうのかな、そういうのはあるとは思いますけど、幸せな思いに
浸るわけないじゃん。亡くなった2人が生き返ってこそ幸せに浸るんじゃ?
喜んであげたい?大きなお世話もいいとこ、、、これは意見じゃなく
誹謗中傷のレベルですよね。どうにも腹たって許せんわ!!

、、、で、本来ならご本人様とお話ししたいところなんだけど、どうやら
メールアドレスしか出てないんで、青山学院大学へ電話しちゃいました。

続く・・・
  1. その他の話題
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


光市母子殺害事件、死刑判決について思うこと

俺は犯人が死刑になることには賛成です。

死刑賛成、反対と両方の意見があり、それについていろいろとその理由が
語られているみたいですが、俺的にはそんなに難しく考えてないです。

俺の基本の考え(あくまで個人的な考えですよ)は

人を1人殺したら死刑

これでいいと思ってます。人の命を奪うなら自分の命がなくなる、
そんな覚悟もできぬなら人を殺すべきじゃない。
まあ、自分が死ねば人を殺してもいいってことではないのだけど、
それでも、もし俺が人を殺してしまったなら、捕まる前に腹を切ります。

もちろんですね、情状酌量の余地がある場合ってのはありますよ。
例えば、めちゃくちゃな暴力を受けていたとか、、、
まあ、正当防衛的なケースですよね。そういった場合は例外です。

そして今回の件では、加害者が父親により暴力を受けていたということですが
被害者の方にそのことは何か責任がありますか?
そのことで加害者に殺されるような理由がなにかありますか?
責任も理由もなにもないですよね。
加害者が父親の暴力にどうにもならなくなり、父親を殺してしまったのならば
情状酌量の余地はあると思います。
しかし、今回の件ではなんの余地もないでしょ。
身勝手なただの人殺し以外のなにものでもないです。

子供だから、精神異常だから、、、そんなのは関係ないと思います。
更生させられる?反省してる?判例?だからなに?
更生って殺られた方はもうなにもできないんですよ?
人が死んでるのに反省すりゃすむんですか?
1人、2人殺しただけじゃ死刑は重い?
1つの命に対しての対等な重さは1つの命じゃないのかな?
精神異常って人を殺す瞬間なんてたいていの人間は精神異常ですよ。
普通に考えたらいろいろな意味で理性が働いて殺さないですから。

「国の報復殺人だ」なんて意見もございますが、、、そうなの?
俺は違うと思うよ。判例を超えて死刑の結論は、これからの犯罪に対する
決意じゃないのかな。未成年でも凶悪な犯罪には厳罰をくだしていこうって。

なにも関係ない人を2人殺してしまったことは間違いなく自己責任。
まったくなエゴによる単なる殺人事件。
そのケツの拭き方は自分の命を差し出すこと、それしかない。
それを自分でできないならば、誰かがケツの拭き方を教えるべきであり
ケツを拭いてやらなきゃいけない。それは一般の人にはできないわけで、、、
だったら合法的に国がやりましょう、、、と。それでいいよ。

俺は犯人が死刑になることには賛成です。

ええっと、最後にもうひとつ。
被害者家族の方は、感情論だけで死刑を求めていたようには思えない。
相当いろいろと悩んで、葛藤しているように見える。
人を呪わば穴2つ、、、こんな言葉も頭にあるんじゃないかな。
だから「加害者が死刑になれば心が晴れる」なんてことは
絶対に思ってないでしょうし、死刑が執行されても実際晴れないでしょう。
本当に心から良かったと思う時、、、それは2人が生き返った時、、、
それは決して、絶対に起こりえない、ありえないこと。
被害者家族の方に満足感や心が晴れる時なんて訪れないよ。。。
  1. その他の話題
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

氷室さん大好き♪

お買い物♪

amazonで検索♪

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

ブログランキング

FC2Blog Ranking

こちらもクリックよろしく!

ブロとも申請フォーム

プロフィール

バティ

  • Author:バティ
  • 少し変な人です。

    飼っている猫も
    少し変です。

    いつもあおむけで寝ます。

メールお待ちしてます☆

メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク2


« 2008 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。