なにかを変えてみたいと思う今日このごろ・・・

バティのいろいろ日記



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


いじめをなくしたい

今の時代の集団いじめっていうのは結局、個性や個人の排除ってこと。
最初は「あいつ調子に乗ってて気にんなくない?」とか、なにか個性的な
才能がある人へのねたみだったり、そんなもん。それがエスカレートして
集団で個人を叩くようになる。要は「個」を認めないってことだ。

ところで、集団生活でうまくことを運ぶためのひとつとして
「協調性」というのがある。
「お互いに我慢して合わせていく」こんな意味に教わったと思う。
今考えると、どうもこの意味の中に「個」は存在していないっぽい。
といことは、「集団=協調性=個性の排除」、、、え?なんか違うぞ?
これじゃ「協調性=いじめの元」になっちゃうぞ??

ちょっと考えてみたんだけど、この「協調」にいたるまでのプロセスが
ないから話がおかしくなっちゃうんだわ。
「お互いに我慢して合わせていく」というのは確かに真実なんだけど
そうなる前提に「お互い認め合う」ってのが必要。だってそうでしょ?
自分の中で全く認めていない人に対して、合わせたり我慢したりするなんて
出来ないし、それをし続けたらただのストレスになるわけで。

それで、「お互い認め合う」にはある程度のぶつかり合いってのが必要。
意見がぶつかり合い、その中で相手の意見を否定しながらも
「よーく考えるとやつのいうことにも一理あるかな?」とか
「話してみたらあいつけっこーすげーじゃんよ」
なんて感じる時があるわけで、そこで初めて認め合える関係になる。
例としちゃ、上杉謙信と武田信玄がそうだろ。川中島で何度も何度も
戦い続けて、そこにライバル意識が生まれ、そして最後はわかりあっていた。

そう、今はその「川中島」の部分がないんだ。傷つけあうためじゃなく
分かり合うためにぶつかる場所。重要なのはここなんだわ。
学校でも社会でも地域でもこんな場所をたくさん作ったらいい。
1対1がぶつかり2になり、2対2がぶつかり4になり、
それがどんどん大きな集団となっていく。そしてその集団はぶつかりあった
ことによってみんなが認め合えてるから、個人、個性が生きてる集団になる。認め合えてるからこそ協調できる。

そして、個人、個性が生きるためには、1人1人が責任を持つことが必須
きちんと自分で責任を持ってこそ、個人が独立できるわけだから。
「責任を持つこと=強く生きること」が大事だ。

それでこうして出来た集団ならばいじめは、特に集団でのいじめは減る。
個人が独立して生きてるんだから無駄に徒党を組む必要もないし
認めあってるんだから、相手を自殺に追い込むようなこともない。

個人が独立した集団=個人が責任を持つ集団=いじめが少ない集団

学校も社会もこんなふうになればいいんだ!
  1. その他の話題
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

氷室さん大好き♪

お買い物♪

amazonで検索♪

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

FC2カウンター

ブログランキング

FC2Blog Ranking

こちらもクリックよろしく!

ブロとも申請フォーム

プロフィール

バティ

  • Author:バティ
  • 少し変な人です。

    飼っている猫も
    少し変です。

    いつもあおむけで寝ます。

メールお待ちしてます☆

メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク2


« 2007 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。